特産品カレンダー

 

JA山口中央管内の主な特産品の出荷時期をご紹介します。
いちご ブロッコリー はなっこりー
トマト はくさい いんげん
ほうれん草 レタス わさび
たまねぎ スイートコーン 徳佐うり
キャベツ メロン 緑色の枠旬の時期
いちごのカレンダー
いちご一口メモ

・促成いちごは11月~6月に収穫される作型でJA山口中央管内全域に産地があります。ハウス栽培では1、2月のものが美味しくなります。
・最近では立ったまま作業できる高設栽培が増え、新たに栽培に取り組む人も出てきています。
・夏秋いちごは6月~11月に収穫される作型で、標高が高く夏涼しい阿東で栽培されています。また、夏秋いちごの産地は少なく、県内では阿東が唯一の産地です。
・このいちごは業務用として主にケーキなどのお菓子に使われます。
・露地栽培での収穫時期が旬の時期となります。 ページの先頭へ

トマトのカレンダー

トマト一口メモ

・JA山口中央管内全域に産地があります。
・冬暖かい山口市秋穂、夏涼しい阿東とそれぞれの気象条件を活かし、出荷の時期が冬、春、夏へと次々に移る「リレー出荷」をしています。
・阿東のトマトは「山口あぶトマト」の名前で大阪などの大消費地へも出荷しています。
・露地栽培での収穫時期が旬の時期となります。
・ハウス栽培では、2、3月のものが美味しくなります。 ページの先頭へ

ほうれん草のカレンダー

ほうれん草一口メモ

・山口市と山口市阿東に産地があります。
・雨よけハウス栽培により、1年中出荷されています。
・冬には露地で栽培されたものも出荷されます。
・露地栽培での収穫時期が旬の時期となります。 ページの先頭へ

たまねぎのカレンダー

たまねぎ一口メモ

・山口市に産地があります。県内随一の産地です。
・定植作業や収穫作業の機械化により、省力化を図っています。
・収穫してすぐに出荷する早生品種と、貯蔵後に計画的に出荷する中晩生品種があります。
・生産者が手作業で、余分な皮を丁寧に取り除き、ピカピカに仕上げた山口の「みがきタマネギ」は東京でも販売されるなど人気があります。 ページの先頭へ

キャベツのカレンダー

キャベツ一口メモ

・秋から春にかけては山口市秋穂二島や名田島、秋穂が主な産地です。県内随一の産地です。
・夏は阿東に産地があります。
・定植作業や防除作業の機械化により、省力化を図っています。 ページの先頭へ

ブロッコリーのカレンダー

ブロッコリー一口メモ

・山口市秋穂二島や名田島、秋穂が主な産地です。県内2大産地のうちの1つです。 ページの先頭へ

はくさいのカレンダー

はくさい一口メモ

・山口市秋穂二島や名田島、小鯖が主な産地です。 ページの先頭へ

レタスのカレンダー

レタス一口メモ

・山口市秋穂二島や名田島が主な産地です。 ページの先頭へ

スイートコーンのカレンダー

スイートコーン一口メモ

・山口市名田島や秋穂が主な産地です。 ページの先頭へ

メロンのカレンダー

メロン一口メモ

・山口市秋穂二島が主な産地です。 ページの先頭へ

はなっこりーのカレンダー

はなっこりー一口メモ

・はなっこりーは、ブロッコリーと中国野菜のサイシンをかけあわせた山口県のオリジナル野菜です。
・JA山口中央管内全域に産地があります。
・県内では最も大きな産地となります。
・標高差を活かして、夏涼しい阿東で初秋~初冬、冬暖かい山口南部では、晩冬~春を中心に時期をずらして出荷する「リレー出荷」をしています。 ページの先頭へ

いんげんのカレンダー

いんげん一口メモ

・山口市秋穂二島、佐山、阿東嘉年、生雲、徳佐、篠生を中心に栽培されています。
・県内では大きな産地の1つです。 ページの先頭へ

わさびのカレンダー

わさび一口メモ

・阿東の林間部、ハウスなどで栽培されています。
・葉茎、根茎は醤油漬け、練り製品等の加工品に、また花茎は四季の先取り観を演出する高級食材として利用されています。 ページの先頭へ

徳佐うりのカレンダー

徳佐うり一口メモ

・阿東徳佐地区で、大正中期より栽培される伝統野菜です。
・部会で種子を採種し、独特な整技法で栽培しています。
・肉質が厚く、漬物うりとして高い評価を得ています。 ページの先頭へ