ディスクロージャー(半期開示)


地域貢献情報

○全般に関する事項
  協同組織の特性  当JAは、山口市(旧山口市、旧秋穂町、旧小郡町、旧阿東町)を事業区域として、農業者を中心とした地域住民の方々が組合員となって、相互扶助を共通の理念として運営される協同組織であり、地域農業の活性化に資する地域金融機関です。
 当JAは、地域の一員として、組合員、地域住民とのふれあいを大切にし、豊かな自然環境を守り、農業と地域の発展をめざし、新しい未来を創造します。
 また、「創造的自己改革への挑戦」-伝えたい 次代へ この故郷を- 第39回JA山口県大会の議決に沿った活動を基本方針として取り組んでまいります。
  組合員数・出資金 組合員数 25,482人(法人含む)  出資金 2,246百万円
1.地域からの資金調達の状況
  (1)貯金積金残高 146,472百万円
(2)貯金商品
  • ・各種特典付き定期積金のキャンペーンを春と秋に年2回実施しています。
2.地域への資金供給の状況
  (1)貸出金残高 貸出金残高 32,054百万円
内    正組合員    7,548百万円
准組合員    20,560百万円
金融機関貸付    2,320百万円
その他    1,625百万円
貸出金の使途別内訳
設備資金    25,100百万円
運転資金    6,954百万円
貸出金の金利条件別内訳
固定金利貸出    23,328百万円
変動金利貸出    7,677百万円
その他    1,047百万円
(2)制度融資
   取扱い状況
制度融資貸付金残高   526百万円
・ 農業近代化資金  ┐ 農業施設の強化、生産施設の整備
・ 就農支援資金   ┤ ・拡充等農業経営に必要な資金
・ 新規就農資金 他 ┘
(3)融資商品 ・ JA農業経営ローン┐
・ JA営農ローン  ┤ 農機具等の購入や農業維持に必要な資金
・ 農業経営資金 他 ┘
3.文化的・社会的貢献に関する事項
  (1)文化的・社会的
   貢献に関する
   事項
  • ・快適な地域づくりをすすめるため「530」(ゴミゼロ)をテーマにした女性部による地域清掃活動
  • ・新鮮・安全・安心を基調とした地産地消や消費拡大の一層の展開をはかるため、量販店等での試食・販売促進等、たまねぎ・はなっこりーなどの収穫体験等のイベントの実施。また、食農教育の一環として、幼稚園・小学校等の体験農園・図書配布等への支援
  • ・交通安全の理解を深め交通事故からこどもを守るため、地元警察などの協力により「親と子の交通安全教室」の開催によりこども達が安全で安心して暮らせる地域づくりへの貢献
  • ・社会保険労務士による無料年金相談会の開催
  • ・当JA顧問税理士による税務相談会の開催
(2)利用者ネット
   ワーク化への
   取り組み
  • ・年金友の会:ゲートボール大会、グラウンド・ゴルフ大会
  • ・女性部運動会
  • ・青壮年連盟支所対抗ボウリング大会、ゴルフ大会
(3)情報提供活動
  • ・営農情報等を随時提供するため情報掲示板の設置
  • ・毎月発行のJA広報誌JAジャーナル「すくらむ」の発行
  • ・各支所管内での行事等の情報提供として「支所だより」の発行
  • ・JA山口中央コミュニティ紙「みてーね!」の発行
(4)店舗体制 本所1ヶ所、支所14ヶ所、出張所8ヶ所、営農センター2ヶ所
農産物直売所「ぶちええ菜」1ヶ所、Yショップ1ヶ所
4.地域密着型金融に関する事項
  農業者への
経営サポート
  • ・地域の農業者との関係を強化・振興するための体制整備に取り組み、関係機関と連携し、技術提供や「農業法人等サポート資金」等の活用による資金提案活動を実施しています。

金融再生法開示債権(単体)

(単位:百万円)
債権区分
平成28年3月末
平成28年9月末
増減
破産更生債権及び
これらに準ずる債権
649
623
△ 26
危険債権
292
291
△  1
要管理債権
63
65
2
小計
1,005
980
△ 25
正常先債権
31,148
31,133
△ 15
合計
32,154
32,114
△ 40
  • (注)平成28年9月末の計数は次の方法により算出しています。
  • 1.平成28年9月末の各債権区分額は、平成28年3月末時点の債権額を基準として、平成28年9月末時点の残高に修正しています。
  • 2.平成28年3月末から9月末までの間に、債権区分の変更が必要と認識した先については、9月末時点の債務者の状況に基づき債権区分を変更しています。

単体自己資本比率(国内基準適用)

(単位:百万円)
平成28年3月末
平成28年9月末
13.57%
14.07%
  • (注)平成19年3月末より、「農業協同組合等がその経営の健全性を判断するための基準」(平成18年金融庁・農林水産省告示2号)の規定に基づいて自己資本比率を算定しています。

主要勘定の状況

(単位:百万円)
 
平成27年9月末
平成28年3月末
平成28年9月末
貯金
146,484
148,668
146,472
貸出金
32,881
32,095
32,054
預金
100,113
103,264
102,997
有価証券
12,719
12,506
10,392

有価証券の状況

(単位:百万円)
種類
平成28年3月末
平成28年9月末
取得価格
時価
評価損益
取得価格
時価
評価損益
売買目的
満期保有目的
その他
12,119
12,506
387
10,060
10,392
331
合計
12,119
12,506
387
10,060
10,392
331
  • (注)9月末の有価証券の時価は9月末日における市場価格等に基づく時価とし、その他目的有価証券の帳簿価格は、償却減価適用後、減損適用後の帳簿価格を記載しています。

ページの先頭へ