JA山口中央 行動計画

 職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定します。

  • 1.計画期間  平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間
  • 2.内  容
    • 目標1 計画期間内に、育児休業の取得水準を次の水準以上にする。
      • 男性職員・・・計画期間内に1人以上取得すること
        〈対策〉
          男性職員も育児休業を取得できることを、各種研修・会議等を通じ、定期的に周知する。
    • 目標2 女性管理職登用を積極的に取組み研修等の充実を図る。
      • 〈対策〉
          定期人事異動において女性管理職を増やしていく。また女性管理職向けの   研修会の検討を平成27年度から行い実施する。
    • 目標3 年次有給休暇の取得促進に取り組む。(一般職員について、年間平均取得日数を2日間増加する)
      • 〈対策〉
          平成27年度から効果的な施策について検討を行い、施策を実施する。
    • 目標4 週1回のノー残業デーの定着化を図り、職員の所定外労働時間の減少を図る。
      • 〈対策〉
          支所長会議・安全衛生委員会にて、前月の状況を報告し検討していく。
    • 目標5 平成32年3月までに、地域の子どもの営農体験に関する体制を拡充する。
      • 〈対策〉
          食農教育の一環として、地区の生産者と消費者との交流や、幼稚園・小・中学校の農作業体験活動の支援を拡充する。

平成27年3月   
山口中央農業協同組合

 

ページの先頭へ